卵へのこだわり
美味しい卵が出来るまで
取り扱い商品の一覧
鶏卵GPセンター及び農場一覧
お問い合せ
ホームへ戻る

ファクターエッグ

垣善フレッグ株式会社
 

卵へのこだわり  本当にいいものだけをお届けするために、ファクターエッグはこだわりを持っています。

 
 
 
HOME >> 卵へのこだわり
 
からだウレシイ! Fァクターエッグ

お客様に安全・安心な卵をお届けします。

 Fァクターエッグ(ファクターエッグ)は、ファクターグループ飼育管理マニュアルに基づき各農場で生産された卵です。

  毎日の食卓に欠かせない「たまご」をお客様に安心して召し上がっていただきたい・・・。そのために私たちは安全・衛生を徹底した厳正なマニュアルを設け、「良い卵は良い鶏から生まれる」を掲げております。鶏の餌となる飼料はもちろんのこと、飼育環境にも万全を尽くし、「より安全でより美味しい卵」をお届けするために一貫した生産システムを整えております。
  卵自体の安全面、衛生面にも十分な配慮を怠りません。 熊野古道の里・紀北町の垣善フレッグ株式会社GPセンターでは、洗卵・選別・殺菌等を行い、その過程で厳しくチェックされた高品質の卵だけを包装し、出荷しています。

私たちファクターグループは、真心を込めた「たまご」をお客様の下までお届けする事に、誇りを持っています。

ファクターグループ育成管理マニュアルについて

育雛の衛生管理マニュアル

●サルモネラ菌等の衛生管理
SEチェック

雛の育成中はもちろん、孵化したばかりの雛を鶏舎に入れる前(初生雛受入前)から、いろいろな段階でサルモネラ菌群(SE等)のチェックをして、衛生管理に万全を尽くしています。

●ワクチン接種等の健康管理
ワクチン接種

健康な鶏を育成するために、家畜保健所等と相談し、育成期間中のワクチネーションプログラムを作成して、抗体検査をしながら健康管理を行っています。尚、ワクチン接種等は育成期間中で行い、成鶏には行いません。

成鶏の衛生管理マニュアル

●サルモネラ菌等の衛生管理
成鶏舎

成鶏に成長してからも、SE(サルモネラ菌)チェックは怠りません。チェックは鶏だけでなく、鶏卵はもちろんのこと、成鶏舎、集卵場、使用水、飼料、作業従事者、飼料や卵等を運搬する車両までも徹底して行います。

 

 
飼育行程 SEチェック項目 頻度

初生雛受入前

種鶏(記録添付)

受入時

輸送車両

受入時

初生雛受入

初生雛

受入時

育雛期間
0〜40日令

使用飲料水

月1回

飼料

月1回

育雛期間
41〜120日令

使用飲料水

月1回

飼料

月1回
 

従事者

月1回
 

育雛舎

月1回
※検査材料

抜き取りガーゼパット 10検体


※検査方法

1、増菌培養
ハーナーテトラチオン増菌培地
(42℃、24時間培養)

2、分離培養
DHL、MLCB平板観点培地
(37℃、24時間培養後判定)

(鶏病研究会サルモネラ検査法に準拠)

高病原性鳥インフルエンザ管理マニュアル

●高病原性鳥インフルエンザの防疫対策
■輸送車両の消毒
車両の消毒

飼料及び鶏卵運搬車の入場時の荷台、運転席、床面、タイヤ周りの消毒。

■手、及び履物の消毒
履物の消毒

ドライバー及び、来訪者の手及び履物の消毒。

■鶏舎入場時の消毒
衣服の消毒

農場従事者の鶏舎入場時の手洗い、作業靴・衣類等の消毒。

■構内道路の定期的消毒、清掃
■鶏舎内への野鳥等の進入防止の徹底完備
●緊急連絡時の対応
  • 1、鶏の状態がいつもと異なる場合。
  • 2、死亡率が異常に高い場合。(1日/ロット当り0.3%、1日当り0.5%を越えた場合)
  • 3、産卵率の異常低下及び飼料摂取量の異常低下の場合。
  • 4、高病原性鳥インフルエンザの症状に疑わしい場合。

以下の対応を取ります。

緊急連絡フロー

緊急連絡フロー

緊急連絡後の体制

1、家畜保健衛生所の判定が陽性の場合

  • 管轄の家畜保健衛生所の支持に従う。
  • 出荷した商品全てを回収する。

2、家畜保健衛生所の判定が陰性の場合

  • 出荷見合わせのまま、3日間斃死数の動向を見る。
  • 斃指数が3日間とも1日あたり0.3%以下であり、且つ取りインフルエンザ特有の症状が確認できなければ、出荷を再開する。
 
このページのトップへ
copyright2006(C):All Right Reserved KAKIZEN FREGG